家族葬の費用と相場

家族葬は、一般葬よりもずっと安い金額で行う事が出来ます。

掛かる費用は、葬儀社への支払いを始め火葬費用やお布施代金、飲食代や返礼品代金となります。
通常の葬式よりも参列者がずっと少ないので、飲食代も返礼品も余り掛からないでしょう。
希望によって削れる所は削れますし、増やせるところも増やせます。

葬式

一般葬と比較すると、シンプルな葬式が多く、祭壇や装飾等も余りお金が掛かりません。
その為、平均すると40万円から100万円程で家族葬を開く事が出来るのではないでしょうか。

 

一般葬の場合は、200万円が主流だと言われています。
勿論、もっと安い金額で葬式を挙げる事も可能ですが、運送費用や安置料金、遺体保管の為のドライアイスや花の準備等で沢山の費用が掛かってしまいます。

いらない部分は全て削る事も可能なのが、家族葬の利点でしょう。

 

通常の葬式は、葬儀本体のみで100万円以上、そこから更に、寺院にお布施をする為の50万円、飲食代金として50万円程が掛かってしまいます。

家族葬なら葬儀代金も少額に抑える事が出来ますし葬祭具も5万円程度で準備をする事が出来ます。
通販で購入して自分で用意をすれば、更に安い金額に抑える事が出来るのです。

 

普通の葬式は香典で葬式費用を賄う事が多いと言われています。
しかし、家族葬は呼ぶ人も少なく、香典も余り貰う事が出来ないでしょう。
そのかわり安く葬式を行う事が出来るので、遺族の遺産のみで家族葬を行う場合が多いみたいですね。

家族葬についての詳しい費用や、流れについては、家族葬専門の会社を参考にすると良いです。

●当サイトおすすめのシンプルプランの葬儀屋さん