家族葬の欠点(デメリット)

家族葬には勿論デメリットもあります。

例えば、弔問についてです。
家族葬は、ごく親しい身内のみにしかお葬式について教えません。
その為、生前お世話になった人が葬儀の後に自宅に弔問に来るでしょう。

soushiki5

弔問の対応が面倒な場合や、お葬式について教えなかった事を批判されてしまう可能性もあります。
その為、親しい人には家族葬を行う事は教えておいた方が良いかもしれませんね。

弔問の為に、返礼品等は少し用意しておいた方が良いかもしれません。

 

また、家族葬だと知らずに葬儀に弔問客が並んでしまう場合もあります。
場所にもよりますが、家族葬だと知らない場合は混乱をしてしまう場合もあるでしょう。
しっかりと家族葬だと言う事を説明し理解して貰う事が大切です。

家族葬は、通常のお葬式よりもずっと安い金額で行えるお葬式です。
しかし、弔問客が少ないと言う事は香典の金額もずっと少なくなってしまうのです。

通常のお葬式は費用の大半を香典から賄います。
しかし、家族葬は身内のみとはいえ参列者が少ないので、もしかすると高くついてしまう場合もあります。

 

家族葬は、家族葬だけではなく後日偲ぶ会等を開く場合もあります。
家族葬に参加できなかった人の為の式です。

結果的に2回程お葬式の様な物を行うので、人によっては負担が掛かってしまうかもしれません。
勿論、こういった式を開かない選択も出来ますが、偲ぶ人が多い方の場合は開いた方が弔問客の為にもなるのではないでしょうか。
余計な出費は、家族葬の専門業者の資料を読むとを抑える事ができますよ。

●当サイトおすすめのシンプルプランの葬儀屋さん