家族葬の手順・流れ

家族葬はあくまで小型な葬儀です。
手順に違いは余り有りませんが、若干省略される部分もあるでしょう。
宗派によって違いが出る部分もあるので、大まかな流れについて説明をします。

soushiki2

お葬式を開く場合は、まずはお寺、葬儀社、もしくはそれらの相談機関へ連絡をして下さい。

死亡の事実を伝えたら、次はご遺体を安置する事になります。
葬儀社が寝台車を手配して安置場所へ運んでくれます。
病院からの場合や自宅からの場合もあるでしょう。
宗派や宗教に対応した枕飾りを準備して下さい。

次に、葬儀の打ち合わせをします。
家族葬のプランがある葬儀屋の場合はそれを伝え、細かい葬儀内容を決めて下さい。

 

その後は、通夜や葬儀の日程を連絡します。
通常であればきちんとした連絡となりますが、家族葬の場合は電話等の簡単な連絡で日時場所のみ伝える事も多いでしょう。
お世話になるお寺にも連絡をして下さい。

そこから、納棺をして通夜となります。
通夜は、宗派によった宗教儀式になるのです。
指示に従い、通夜を行ってください。

 

通夜の後は葬儀と告別式です。
こちらも宗派によってやり方は異なります。

最後に火葬となります。
火葬場へ行き、最後のお別れをします。
宗派や地域によっては、火葬の後葬儀や告別式を行う場合もあるでしょう。

通常と流れは変わりませんが、連絡をする人や用意する物が少ないのが家族葬です。
その為、遺族の負担も軽減をする事が出来ますし、落ち着いた葬儀が出来ます。

家族葬の相談は、家族葬専門の葬儀社がなにかと良いです。

●当サイトおすすめのシンプルプランの葬儀屋さん