家族葬にありがちなトラブル

家族葬は、まだ広まっていないお葬式の形です。
慣れない部分や周囲から受け入れられない部分も多いでしょう。
その為、トラブルが起きてしまう場合があります。

口論

一番多いのが、連絡を送っていない人からの批判です。
お葬式となると、近所の方や親戚等、本当に沢山の人に連絡をしますよね。
家族葬は、ごく親しい人のみにお葬式の連絡をする物です。

その為、葬儀に参列したかったけれども連絡を貰わなかった人からの批判があるかもしれません。
そういった事を想定して、亡くなった旨を伝え、葬儀は家族葬にする事をきちんと伝えましょう。

家族葬は、亡くなった当人の希望も増えています。
しかしまだ理解されない点も多く、遺族が批判されてしまう事も多いのです。

 

また、家族葬は香典を余り貰う事が出来ません。
シンプルで安い金額で上げる事が出来る家族葬ですが、それでも数十万円は掛かってしまいます。

故人の預金から葬儀代を払う人も多いですが、預金をすぐに引き出す事が出来ない場合も多いのです。
手元にすぐお金が無い場合もあるので、金銭的なトラブルが発生してしまう可能性があります。

 

葬儀を家族葬だと知らずに参列してしまう人もいると言われています。
その場合はしっかりと家族葬だと言う事を説明しましょう。

家族葬を知らない人も多いので、その点でトラブルが発生してしまう可能性もあります。
この様に、まだ世間に浸透していない家族葬だからこそ、トラブルが発生する場合もあるのです。

●当サイトおすすめのシンプルプランの葬儀屋さん