家族葬と密葬の違いとは

家族葬と密葬は近い物ですが違う物です。
どちらも、ごく親しい人のみで行う葬儀ですよね。

葬式05

密葬は、密葬だけではなく本葬とセットで行われる事が殆どです。

故人が有名人だった場合や沢山の人を葬儀に招かなくてはいけない場合、最初に親しい身内や知人のみで密葬を行います。
その後日、一般人参列者を沢山招いた本葬を行います。

芸能人著名人は、密葬を行っている人が多いのではないでしょうか。
沢山の方が訪れて、故人をしのびます。

 

最近は、本葬ではなくお別れ会、偲ぶ会等名前で行う事も多いみたいですね。
そういった式は、葬儀の様にマナー等が余り決められておらず、軽食を振る舞い、献花を行う形式も多いと言われています。
宗教の制約も無いので、参列しやすい葬儀でしょう。

家族葬は、葬儀単独で行われる物です。
家族やごく一部の身内のみの少人数で行われる葬儀であり、その後本葬を行わない場合も殆どです。

形式も自由な物が多く、厳密な定義もありません。

 

もし、沢山の方が参列したいであろう場合は、家族葬でも後日偲ぶ会等を行う場合もあります。
これは、絶対に行う訳では無くやりたい場合のみ行うのです。
この様に、あくまで親しい人のみを招いて行う葬儀ですが密葬と家族葬は全く違う物です。

葬儀の形態は色々ありますが、故人にあった葬儀を選ぶ事はとても大切でしょう。
故人が遺言として、自分の葬儀について書いている事も多いのではないでしょうか。

出来る限り故人の希望を叶えた葬儀を行うと良いと思います。

●当サイトおすすめのシンプルプランの葬儀屋さん