家族葬と一般葬の違いとは

家族葬と一般葬には沢山の違いがあります。
それぞれの違いについて知ったうえで、葬儀を行いましょう。

025746

まず、参列者です。
一般葬の場合は、身内はもちろん故人の友人、会社の方々、ご近所の方等沢山の方を呼びます。生前故人と関係の有った人を呼ぶ必要があり、列席者の為に会葬礼状の用意も必要となります。
葬儀形態も高額な物が多く、様々な準備が必要です。

 

家族葬の場合は、ごく親しい身内のみで行います。
参列者も10人程度、配偶者や子供、ごく親しい友人等身内のみの葬儀となるでしょう。
会葬礼状などは送らず、電話等で電話する場合も多いと言われています。
基本的にシンプルな葬儀形式が多いのが、家族葬なのです。

一般葬は、お香典を渡すのが基本となっています。
お香典を渡した場合は返礼の為のお品を用意しておきましょう。
家族葬の場合はお香典を貰う場合もありますし、辞退をする場合もあります。

お香典を貰う家族葬は、人数も少ないので相場よりも少し高めに出す事も多いでしょう。
事前にお香典は不要、と言われた場合は、持っていかなくても良いのです。

 

一般葬は、事前準備が大変な場合が多いです。
沢山の列席者、看板や忌紙、駐車場や会場の手配もありますよね。
出来るだけシンプルで、参列者も少ないので連絡する人も限られており、会場も小規模な場所もしくは自宅でも良いのが家族葬なのです。

他にも、一般葬と家族葬には違いが沢山有ります。
どちらを選ぶかどうかは、故人の希望も多いでしょう。

●当サイトおすすめのシンプルプランの葬儀屋さん