家族葬と一日葬は意味が違う?

一日葬と家族葬は少し違います。
一日葬は、新しいスタイルの葬儀であり、通夜、葬儀告別式を選択して行い、親しい人のみを呼んで行う葬儀なのです。

soushiki4

家族葬でも通夜を行う場合もありますが、一日葬は通夜を行うか葬儀と告別式を行うか選択して一日で葬儀を終わらせてしまう物なのです。
大がかりな準備がいらない、少人数で行うと言う部分は家族葬と似ているかもしれませんね。

 

葬儀の規模自体で言えば、一日葬よりも家族葬の方が大きい葬儀となります。
家族葬は、あくまで参列する人を身内のみに限定したものなのです。
そこから様々な要素を省き、一日で葬儀を終わらせる事が出来る物が一日葬と言われます。
値段も、家族葬よりも一日葬の方が安くなるのです。

遠方から来られる方は、通夜と葬儀、告別式で2日がかりだと時間が掛かってしまい大変と言う場合もありますよね。
どれかを省略する事で、日帰りでも参列しやすく、シンプルな葬儀を行う事が出来るのでしょう。

 

また、一日葬を更にシンプルにした直葬と言う物もあります。
火葬ともよばれる直葬は、火葬の実を行う葬儀の形をいいます。
葬儀費用は一番安く、告別式も葬儀も行わない形となっています。

葬儀費用はとても少なく抑える事が出来ますが簡素過ぎると感じる人も入るかもしれません。

この様に、通常の葬儀よりもシンプルな葬儀は、家族葬、一日葬、直葬等様々な種類があります。自分が出来るだけシンプルに葬儀をしたい場合は、家族に伝えておくと良いかも知れませんね。

家族葬、一日葬、直葬など違いを詳しく知りたければ、小さな葬儀専門のパンフレットを取り寄せてみると理解が深まります。

●当サイトおすすめのシンプルプランの葬儀屋さん